--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/28 (Mon) コケ、襲来!!

今日もゆっくりまったりと更新です。

なんと、気が付けばこのブログも1000アクセスを超え、
こんなブログでも見てくれている人がいるんだなぁと改めて実感しました。
ありがとうございます!!

これからもボチボチ、マイペースで更新していきますので、お付き合い頂ければ幸いです。


<今日の水槽>

水温 25℃
NO2  0.6 mg/l
NO3  10 mg/l
GH   4 dH
KH   2 dH
pH   6.6
CO2濃度 18.7 mg/l

水換え 1/3


P2280658_convert_20110228012647.jpg



P2280676_convert_20110228012547.jpg


水草が完全にコケにやられてしまいました!!
ヤマトの食欲よりもコケの勢いの方が、どうやら勝っているようです。
おまけにソイル表面もコケに覆われてきています。

水換えで対応するしかないとは思うのですが、
いかんせん、ヘアーグラスの成長が思うようにいかないですね。
少し増えたと思ったら、またコケに浸食されての繰り返し・・。

ここまで来ると、
なんだかガッツリと手を入れたくなってしまう悪い癖がウズウズと・・。
いっそのことレイアウトはそのままにソイルを入れ替えて、新しいヘアーグラスを植え直したい気もするのですが、
どこかにヘアーグラスがスクスク育つ相性の良いソイルってないですかねぇ。

と言いつつも、もう少し水換えでがんばってみたいと思います。
今のところ枯れてはいないようなので。

水はなかなか透明になってきたんですけどねぇ。


P2280678_convert_20110228012404.jpg


ではまた。

スポンサーサイト

60ミスト ヘアグラ水槽01 | trackback(0) | comment(0) |


2011/02/21 (Mon) ドロップチェッカーによるpHとCO2濃度測定について。

こんばんは。
ちょっと目を離したら水槽がエライことになりました^^

この状況、まさにコケ地獄・・ってつい最近まで思ってたんですけど、
さすがにもう慣れました(笑)
あー、はいはいってなもんです。

今回、途中からCO2が空になっていたので、
添加が過剰って事ではないと思うんですよね。
(そろそろカウンターを付けろ!という話は置いといて)

照明というよりは単純に肥料過多ですね、これは。
さすがに、いきなりテトラクリプト3錠を丸ごと埋め込んだのはまずかったかなぁ。
特に何も変更せずにこのまま水換えで対応します。

と言う事で、
まずは、

<今日の水槽>

水温 25℃
NO2  0.6 mg/l
NO3   0 mg/l
GH   4 dH
KH   1 dH
pH   6.2
CO2濃度 23.5 mg/l

水換え 1/3
エアレーション 22時30分~10時30分(12時間) に変更
ブライティーK ワンプッシュ


あちゃー、水質だいぶ悪化させちゃいましたね。
今回の水質悪化の要因は分かっているので覚悟はしていましたが、
数値で見るとちょっとショックです・・。
1匹も★にならなかったのが、せめてもの救いです。

うへ~、汚い!
P2210648_convert_20110221020246.jpg


ホントはこんな写真上げたくはないのですが、
これも今後の参考に残しておこうと思います。

まぁ、もう掃除となれば慣れたもんです。
5分、10分あれば綺麗に元通り。
さすがに水草に付いたコケまでは綺麗にできませんが。
こちらは、いつもエビちゃん達におまかせです!

掃除後
P2210650_convert_20110221033004.jpg

はい、お話かわりまして、

先日、
我が家では今まで、水槽内のpHを把握するためにドロップチェッカーを
使用しているという事を記事にしたのですが、
ある親切な方からコメントを頂きまして、
私、「とんでもない間違い」をしていた事に気が付きました。

それは、
「設置したドロップチェッカーが示すのは、pHではなくCO2濃度ではないか!」
と言うものです。

私は単純にpHキットの試薬を使用するのだから、
当然ドロップチェッカーは水槽に設置してから外に出すまでずっと水槽内の
pHを教えてくれていると思っていたのです。

水槽内のCO2濃度の目安になると言う事は知っていましたが、
まぁ、pHを示すのであればCO2濃度の目安としても使えるのだろう、程度に考えていました。

そこで、ADAのホームページにある製品情報から
ドロップチェッカーについて調べてみたのですが、

どうやら、
pHキットの単体の使用ではpH。
水槽内でのドロップチェッカーの連続使用ではCO2濃度の目安。

と、2通りの見方があるようなのです。

・・・そもそも初めからちゃんと説明書を読みなさい。
と言う心の声を振り切って話を進めますが(涙)、

と言うことはですよ、
今までこのブログに載せてきたpH値やCO2濃度は
全て数値が違っていたという事になるわけです。

これでは根本的におかしな話になるわけで、
きちんと把握して改善せねば!と思った次第なのですが、

そこでまた、はて?と疑問に思いました。

なんで、同じ試薬を使っているのに
使い方で示すものが変わってしまうのだろう?


この疑問に対して自分の中で答えが出そうにありませんでしたので、
素直にADAサポートセンターに問い合わせてみました。

さすがに対応が早いですねぇ。
あまりの返信の早さにビックリしたくらいです。
(当たり前の質問をしちゃった感はありますが・・)

ブログに載せても良いとの事でしたので、
返信頂いた一部をこちらに転載したいと思います。



> なぜ?同じ試薬を使うのに、水槽内での連続使用ではCO2濃度の目安、
  単体での使用ではpHと示すものが違うのでしょうか?

pHキットを単体でpH試薬として使用した場合、その時点での水槽のpHが測定されます。
この値は、パックチェッカーやpHメーターなど、その他の方法で測定したpHと同じ値になります。
ドロップチェッカーの中にpHキットの試薬を入れ、スポイトで水槽の水を入れた直後はpHキットを
単体で使用した場合と同様に、その時点での水槽のpHを反映した液色になります。

次に、このドロップチェッカーを水槽内に取り付けた場合、
ドロップチェッカー内の液と水槽の水は直接接してはいませんが、
ドロップチェッカー内の空気を介して接した状態になります。
この空気が、ドロップチェッカーでCO2の増減を知ることができるポイントとなります。

水槽内にCO2を添加していくと、水中のCO2濃度が空気中のCO2濃度よりも高くなります。
CO2の基本的な性質として、水中のCO2濃度が高ければ水中から空気中に逃げ、
水中のCO2濃度が低ければ空気中から水中に溶け込みます。
そのため、水中のCO2濃度が高くなるとCO2が空気中に逃げ、ドロップチェッカー内の空気中のCO2濃度が高くなります。
この時、ドロップチェッカー内の液のCO2濃度は空気中より低い状態なので、
今度はドロップチェッカー内の空気中のCO2が液の中に溶け込みます。

逆に、光合成やエアレーションによって水槽内のCO2濃度が低下すると、
ドロップチェッカー内の空気と液中のCO2が水槽内に戻っていきます。

以上のような働きにより、タイムラグはありますが、最終的にドロップチェッカー内の液中のCO2濃度は、
水槽内のCO2濃度と同じ濃度になります。
水のpHはCO2濃度によって変化しますので、ドロップチェッカー内の液色はCO2濃度を反映して変化することになります。

なお、ドロップチェッカー内の液色と水槽内のpHが一致しなくなる理由ですが、
これはpHがCO2濃度以外の要因によっても変化するためです。水質への影響の大きなものとしては、
底床素材やろ材、添加液、換水などがあります。
これらの影響によって、最初は同じ水質だった水槽の水とドロップチェッカー内の水も、
時間の経過によって水槽の水質が変化するため、一致しなくなってくるのです。
そのため、ドロップチェッカーはCO2濃度の変化を測定する目的、
pHキット(単体)はその時点での水槽のpHを測定する目的でご利用ください。
以上、よろしくお願いいたします。

ADAサービスセンター




と言う事だったんですね~。
いやぁ、思いっきり間違った見方をしていました。
pHを知りたければ、その都度水槽の水を測り直さないければいけないのですね。

試しに今日の水換え前にドロップチェッカーを見たところ、7.0付近の緑色でしたが、
そのまま水槽の水を3mlスポイトで吸い出してpHキットの試薬を1滴たらしたところ・・、

なんと、6.2!!

ぬ~、やはり間違っていたー!!
CO2を添加している昼間とエアレーションをしている夜間とでドロップチェッカーの示す色が違いすぎると思い、
真剣にpHの変動に悩み、夜間エアレーション時間を4時間にセットし直した私っていったい・・。

何事も勉強ですね。
今日から正しく記録を残せそうです^^


コメント頂いた、resista9216さん。
返信頂いた、ADAサポートセンターのみなさん。
ありがとうございました!


60ミスト ヘアグラ水槽01 | trackback(0) | comment(0) |


2011/02/14 (Mon) スッキリ

こんばんは。
若干、体調を崩してしまっているのですが、
水槽をいじって気が付けばこんな時間になってしまいました。

<今日の水槽>

水温25℃ (24℃設定に今日から変更)
pH 7.0

水換え 1/2
ブライティーK 1プッシュ
エアレーション インライン化

いや~、コケた、コケた。
コケましたねぇ。

肥料もCO2も多めに投入して、
おまけに照明もメンテナンスで若干明るくなったので、
ガラス面びっしり苔が生えました^^

スクレーパーで掃除をしたのですが、
ガラスに付いていた緑色のコケが水と混ざって
まさにグリーンウォーターでしたよ。

底床の掃除も兼ねて吸い出して、
水換えしたところさっぱりと綺麗になりました。

お話変わって、、
今日は以前からやってみたいなぁと思っていた
エアレーションのインライン化にチャレンジしてみました。

先日、かねだいにて材料を調達。
P2140571_convert_20110214031611.jpg


とりかえっこコーナーに数百円で投げられていた
水心のエアーポンプもついでに買ってみました。
なんでも、音がとても静かでパワフルなんだとか・・。

エーハイムのTジョイントにエアストーンがピタリとはまったのでびっくりしました。
P2140572_convert_20110214031524.jpg

あとは、
エアストーンを奥まで押し込んで、ホースをかぶせて、
あっという間に完成です!!

やる前は水漏れを気にしていたのですが、
作っている最中に気付きました。

こりゃ、ぜってぇ漏れね!!

ホース、だいぶねじ込みましたよ^^
いくら堅牢さで有名なエーハイムさんでもここまでとは・・。
恐れ入りました。

と言う事で、
早速フィルターの給水ホースに接続してポンプオン!


おおおぉおぉぉぉぉ
P2140574_convert_20110214031359.jpg

出てる!
リリィからブクブクが出てる!!

いいですねぇ。
リリィから出るブクブクと波紋もいいのですが、
空気の粒が水流に乗って勢いよくホースを昇っていく様子が、
なんだか水槽に動きがあって面白いです。

なにより、
水槽の中からエアストーンが消えたので、
見た目がむちゃくちゃスッキリしましたよ。
こうなるとCO2もちょっと考えちゃいますな。

それにしても、
水心のエアーポンプは本当に静かですね。
静かと言うより無音です。
とてもおすすめです。

それはそうと、
今回、気になっていた「ADA スプリングウォッシャーL」なるものも一緒に購入してみたのですが、
あれってどうやって使うんでしょ?
リリィパイプの洗浄用にと思って買ってみたのですが、
ワイヤーが柔らかすぎるのか、肝心のカーブの先で止まってしまい、
そこから奥に入っていきませんでした。
ガラス管の先っちょを掃除したいのに!!
ワイヤーを折り曲げて、2重にしてつっ込んだりしたのですが、ダメでしたね。
そもそも工夫して使わないといけないと言う事自体おかしい気がする。

うーん、サイズが違ったのかな。
リリィ洗浄にはLって書いてあったんだけどなぁ。
しばらくはお蔵入りになりそうです。


肝心のへア―グラスはと言いますと、
P2140576_convert_20110214031309.jpg

強硬手段が功を奏したのか、委縮気味な葉ばかりだったのが
柔らかそうな黄緑色の葉を広げる芽もちらほら復活してきています。

P2140578_convert_20110214031205.jpg

なんだか、
気持ち増えているような?
増えていないような??

気長に待つことにします。
では。



60ミスト ヘアグラ水槽01 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ハルジ

Author:ハルジ
はじめまして、ハルジと申します。
水草水槽なんかをやってますので、
よかったらゆっくりしていってくださいね。

リンク

最新記事

ポップアップ・最新コメント

'popup' をクリックしてね !

poets designed

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。